個人情報取り扱いについて
朝鮮族研究会

「個人情報の収集及び利用目的」

この「個人情報の収集及び利用目的」は、朝鮮族研究学会(以下「本学会」とする)が取得し、利用する個人情報を対象として、個人情報に関する基本的な指針を定めるものである。本学会では、会員の個人情報(個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述などによって特定の個人を識別できることとなるものを含む)を取り扱うにあたっては、以下の基本方針に従って適切に行う。

1.基本方針

1)本学会の活動において、個人情報の取得、利用および提供を定めた規則を遵守する。
2)個人情報の漏えい、滅失またはき損の防止措置を講ずると共に、万一の発生時には速やかな是正対策を実施する。
3)個人情報の取扱いに関する法令、日本国が定める指針その他の規範を遵守する。
4)会員からの個人情報に関するお問合せに、誠実かつ迅速に対応する。
5)個人情報管理の仕組みを継続的に改善する。

2. 利用目的について

本学会は、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめ本人の同意を得た場合および個人情報の保護に関する法律、その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、以下の利用目的の範囲内で個人情報を利用する。



1)本学会刊行物の発送
2)本学会が主催するシンポジウム・イベントなどの案内の送付
3)本学会運営及び学術交流のための問い合わせへの対応

上記の利用目的以外で個人情報を利用する必要が生じた場合には、あらかじめ本人の同意を得た場合および「個人情報の保護に関する法律」その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、その利用について本人の同意を頂くものとする。

3.第三者への提供について

本学会が取得した個人情報は、以下のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも提供または開示しない。

1)会員本人の同意がある場合
2)人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、会員本人の同意をいただくことが困難な場合
3)その他法令にもとづき開示・提供を求められた場合

4.登録内容の開示、修正および利用中止について

本学会では、業務の適正な遂行を妨げない限りにおいて、会員本人の申し出により、個人情報を開示する。その場合、事務局所定の方法によって本人確認を行う。また、会員本人に開示した個人情報に事実と異なる内容があった場合、これを直ちに修正し、本人から個人情報の利用停止の申し出があった場合には、直ちにその利用を停止する。

5.サイト等のセキュリティについて

本学会では、個人情報の管理にあたり相当の注意を尽くすが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報の秘密性を完全に保証することはできない。この点に留意したウェブサイトおよび電子メールの利用を会員に求める。

6.改定について

「個人情報の取扱いについて」は、関連する法令等の改正や当学会の方針の変更等により予告なく変更する場合がある。